車検の見積をどこに依頼すればいいのか説明します

車検 見積

車を持っている人が必ず行わなくてはならないのが、車検です。車検は、新車の場合は3年、その後は2年ごとに受けなくてはいけません。車検を受ける為には、自動車の点検と整備、あとは自賠責保険の加入が必要になります。自動車の点検と整備は一般的にディーラーやガソリンスタンドなどで依頼します。知識がある人なら自分で行なえます。もし車検という制度が無ければ、無点検無整備の車が多くなってしまい、接触や故障が多発する事が予想されます。そういった事が無い様に、車検があるのです。また、自賠責保険に入っていないと最低限の補償が無くなってしまいますので、被害者が充分な補償を受ける事が出来無くなります。そういった事を防ぐ意味で、自賠責保険は加入必須となっているのです。では、車検の見積もり方法を見ていきましょう。

車検の見積もりを依頼する方法について

車検の費用は、車検基本料と法定費用にわけられます。車検基本費用は、点検整備代金と代行手数料などが含まれています。法定費用とは重量税や印紙代、自賠責保険料の事です。法定費用は対象車両によって変わってきます。印紙代や自賠責保険料はどの自動車でも変わりありませんが、重量税だけが違います。つまり、見積もりをして費用を比較する部分とは、車検基本料という事になります。この部分は、ディーラーなのかガソリンスタンドなのか、専門の整備工場なのかで変わってきます。もちろん、安いだけがいいとは限りません。安いと必要最低限の事しかしてくれないので、車検は通ったけどすぐに部品の交換が必要になったりする可能性も出てきます。一番安心出来るのが、その自動車を知り尽くしたディーラーですが、価格はもちろん上がります。数か所から見積もりを取って、比較検討しましょう。

車検の見積もりをするにあたっての注意点

車検の見積もりをするにあたって、車検業者をまず知っておきましょう。ディーラー、整備工場、ガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ、カー用品店などが挙げられます。安さだけを追求するなら、車検代行業者が一番です。しかし、車検代行ですと整備をしない場合が多く、車検後に故障したりすれば余計な手間と費用がかかる事になります。必要な整備を行なってくれて、尚且つ安くすむのは、車検専門フランチャイズです。また、整備工場も自動車の専門と言う意味では安心して任せられます。整備士の腕によるところもありますが、経験数からいっても、ガソリンスタンドやカー用品店よりは専門的に見てくれるでしょう。それでいて、ディーラーより安いのですから、費用を安く済ませたいけれども安心出来るところにお願いしたいのであれば、うってつけです。これらを踏まえた上で、最低3社以上の見積もりをとり、必要であれば値下げ交渉をしましょう。